回顧と懐古の意味の違い

「回顧」と「懐古」(かいこ)、ほとんど同じような意味を持つこの二つの言葉ですが、ほんの僅か違う要素を持ち合わせているんです。

回顧と懐古の意味とは?

まず、この二つの同音異義語、両者に共通している意味としては、過去を思い返すことです。
これに関しては、両方ともその意味で正しいと言えます。
ですが、微妙なニュアンスが違うのです。

まず、「回顧」は思い返すという意味でも、どちらかというと反省的な意味合いが強く、過去を振り返り、自分のしてきたことを思い、考えること「、これが回顧の意味合いに近いです。

それに対して、「懐古」は懐かしむ(なつかしむ)という漢字が入っている通りですが、懐かしく思い返すという意味があります。
先ほどの、「回顧」が頭で振り返っているとすれば、「懐古」は心で振り返っていると言えます。

最近では、現在のことを否定して、昔を懐かしんでばかりいる人のことを「懐古厨」(かいこちゅう)などと揶揄する言葉もありますが、まさに昔を懐かしむことを目的とした言葉であることが伺えます。

また、他の側面からこの二つの言葉を比較するとすれば、過去を振り返るときの考え方の違いだと思います。
「懐古」は懐かしむ意味が強いため、比較的ポジティブに過去を振り返っているイメージで使われます。
良い思い出を振り返る際に使われることが多いといえます。

それに対して「回顧」は、先ほど反省のような意味合いで使われると説明したように、比較的ネガティブで過去をマイナスに振り返る場合に使われます。
つまり、「懐古」とは反対につらい気持ちで過去を振り返っているのです。
この二つの言葉、どちらも過去を振り返る言葉で共通していますが、どういう気持ち・目的で振り返るか、それによって使い方が異なることが分かっていただけただけたでしょうか。
自分の振り返りは「懐古」なのか、それとも「回顧」なのか、表現する際には正しく使い分けることを意識してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク