移動・異動・異同の違い

今回は「移動」「異動」「異同」という三つの言葉の違いについて説明したいと思います。
まず最初に、この三つを分かりやすく分類するために、この中で最も違う意味を持つ「異同」について説明したいと思います。

異同の意味とは?

「異同」は何かを比較したときに異なっていて同じではないという意味です。
「相違」「違い」などとも言い換えることができるため、決して「同じ」という言葉が使われていることに惑わされてはいけません。
この言葉は残り二つの言葉と全く違う意味なので、理解しやすいですが、「移動」と「異動」の違いが難しいです。

移動と異同の意味とは?

「移動」は、皆様のご存知の通りの意味で、「動いて、場所が変わること」を意味します。

これに対して「異動」が少し分か辛いです。
こちらはビジネス用語として使われる言葉で、会社や組織などにおいて職場や人事などの勤務が変わることを言います。
つまり「人事異動」などはこちらの「異動」を使います。

これだけ説明すると言葉の対象が違うため、分かりやすいと思われるが、この「移動」と「異動」で違和感があるのは、両方とも「勤務地」に対して使うことができるという点があります。
ビジネスシーンで「勤務地が異動」と説明すれば、職場の変化なので説明としては間違ってはいません。
ですが物理的に「勤務地が移動」することも正しい為、こちらも間違ってはいません。

ただし、地位に変化がある場合には「異動」を使うのが正しいと言えると思います。
「異同」は、先ほど説明した通り、全く違う意味であるが、この「異動」は社会人になると市役所などで使われる場合もあり、「移動」との使い分けがややこしい場合が非常にあります。
この記事がを読んで理解できましたら幸いです。

スポンサーリンク